近視の種類

視力低下の原因として最も一般的なものが近視です。「近視」でもいくつかの
種類があります。

【視力低下の原因-近視の種類】

・屈折性近視
近くの物を見ると、毛様体の緊張が解けて水晶体が厚くなるのが正常ですが、
長時間見続けると、この状態で毛様体が緊張や調節麻痺を起こし、遠くを見ても
水晶体が厚いままなので網膜の手前で光のピントを合わせてしまいぼやけてしまう、
角膜や水晶体の屈折力が強くなる近視。

・軸性近視
屈折性近視とは違い毛様体のピント調節は正常なのですが、眼球が通常よりも
長いため網膜の手前でピントを合わせてしまいぼやけて見えます。
この軸性近視は、一番多い近視と言われています。通常、体の成長と共に目も
大きくなっていきますが、目の成長がそのまま進行してしまうと目の大きさが
正常よりも大きくなり近視になってしまう、軸性近視は遺伝性が多く、
メガネやコンタクトレンズ等での視力矯正・視力回復が必要です。
眼球が通常より引き伸ばされているため、網膜が薄くなっていて、
網膜剥離を起こす可能性もあります。

・偽近視
目の疲労により一時的に近視のような状態になることを偽近視と言います。
仮性近視、調節緊張性近視とも呼ばれ、近視に含めない考え方で、
単純に調節緊張と呼ぶこともあります。

近視の原因

近視(近眼)の原因は、屈折の異常で、眼球内に入ってきた光が網膜上の正しい
位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまうことが原因です。
遠方視の場合に、屈折機能が無限遠まで対応できないためはっきり
見ることができない。 逆に近方視の場合は支障は少ない。近視は屈折の
問題であり網膜や視神経の疾患ではないので原則的に矯正視力が低下する
ものではありません。
視力低下の原因となる近視の原因は環境性と遺伝性の二つです。

・近視の原因-遺伝性
近視の原因は、遺伝的要因が大きく関わっているのです。ただ、多くの遺伝性疾患のように、どの遺伝子が近視に関係しているとか、
親が近視の場合どの位の確率で子供が近視になるといったはっきりしたことは
判明していません。

・近視の原因-環境性
近くのものを見続けたり、長時間のテレビ、ゲーム、パソコン作業により、
目に負担をかけることで眼精疲労が起き、また、目に悪い生活習慣や
慢性の疲労、全身の衰弱や長期間の心配事などの理由で、目を動かす
筋肉が緊張した状態で固まってしまいます。
そしてこの眼筋の緊張が視力低下(近視)の原因です。

また、肘を突いての読書や、寝転んでテレビを見ることは、見ているものへの
距離が左目と右目に差が生じ、視力に左右差が現われます。ガチャ目になると、
片方の眼ばかり使うことになるので、一層視力低下が進行します。

視力低下が出現したら、まず悪い生活習慣を改善して、眼にやさしい生活を
心掛けてください。
日常生活での心がけが、視力低下の予防につながります。

近視の予防法

近視の予防、近視進行の予防法で画期的な方法はありません。
テレビゲームやコンピューターなどで近くを長時間見る機会が増え、
目の生活環境は昔よりも厳しく(眼を酷使している)なっています。
この様な日常生活での少しの注意・心がけが近視予防の効果的な対策です。

【近視の予防法】
・偏食を避け、食物をバランス良く取る。
・適度な運動、規則正しい生活で、身体の健康を保つ。
・目を連続して使わず、目を1時間使用したら10分程度休ませる
・仕事や勉強などで机に向かう時は、正しい姿勢をとり、必要十分な
 明るさを確保する。
・目と見るものとの距離を30cmほど離らかせる
・採光は、字が手の影にはいり見えにくくならないように左前上方
 (右利きの場合)より取る。
 *照明については、日本では「暗すぎると良くない」ことが強調され
 ますが「明るすぎると良くない」ことも重要です。
・寝ながら本を読んだりしない。

特にテレビゲームやコンピューターなどでモニター画面を長時間連続して見る事は、
近視になる可能性が高くなるので、避けてください。必ず定期的に遠くを見て
目を休めることが、近視の効果的な予防法です。
視力が低下し、メガネやコンタクトレンズによる視力矯正、視力回復トレーニング
等のお世話になる前に、まずは日常生活の見直し・改善を心掛けてください。
決して、画期的な近視・視力低下予防法ではないですが、地道な努力こそが、
一番の予防対策だと思います。




花粉症とコンタクトレンズ

近視などでコンタクトレンズで視力矯正をされている方は、花粉症のこの時期、
なぜ自分が近視なのか、視力矯正の為コンタクトを装着しなければならないのか、
視力低下の予防をしっかりしていれば・・・と後悔されている方も
多いのではないのでしょうか。
花粉症による目のかゆみが、コンタクトレンズの影響で強くなって、
とても大変な季節、目のかゆみに始まり、涙、目の充血等。コンタクトレンズを
利用している方は花粉症シーズン中に関してはメガネに切り替えた方が無難です。
メガネに切り替えるだけで、かゆみを抑えるのと同時に、真正面からの
花粉の侵入を防ぐことになり、花粉症予防法として効果的です。
自分で花粉症を自覚できていれば、花粉症シーズンの2週間くらい前に病院へ行き、
医師からの適切な花粉症の予防対策の指導を受ける事をお勧めします。
患者の体に合わせた薬が処方されます。薬を適切に利用していけば、
花粉症シーズンを比較的軽い症状で乗り切ることができる様になります。
近視などの視力低下はこの様なところまで、影響が出てくるのですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。