近視の種類

視力低下の原因として最も一般的なものが近視です。「近視」でもいくつかの
種類があります。

【視力低下の原因-近視の種類】

・屈折性近視
近くの物を見ると、毛様体の緊張が解けて水晶体が厚くなるのが正常ですが、
長時間見続けると、この状態で毛様体が緊張や調節麻痺を起こし、遠くを見ても
水晶体が厚いままなので網膜の手前で光のピントを合わせてしまいぼやけてしまう、
角膜や水晶体の屈折力が強くなる近視。

・軸性近視
屈折性近視とは違い毛様体のピント調節は正常なのですが、眼球が通常よりも
長いため網膜の手前でピントを合わせてしまいぼやけて見えます。
この軸性近視は、一番多い近視と言われています。通常、体の成長と共に目も
大きくなっていきますが、目の成長がそのまま進行してしまうと目の大きさが
正常よりも大きくなり近視になってしまう、軸性近視は遺伝性が多く、
メガネやコンタクトレンズ等での視力矯正・視力回復が必要です。
眼球が通常より引き伸ばされているため、網膜が薄くなっていて、
網膜剥離を起こす可能性もあります。

・偽近視
目の疲労により一時的に近視のような状態になることを偽近視と言います。
仮性近視、調節緊張性近視とも呼ばれ、近視に含めない考え方で、
単純に調節緊張と呼ぶこともあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。