疲れ目・眼精疲労

疲れ目は、眼精疲労と呼ばれる状態で、目の痛みやかすみ、目のチカチカや充血、
乾きなど、様々な症状が現れます。
ちなみに、眼精疲労とは病名ではなく、「目が疲れた」という症状を意味します。

目で物を見るということは脳に直結した行為であるため、目が疲れることで、
頭痛、肩こり、食欲不振など全身症状やイライラ、むかつきなどの精神状況を
引き起こす場合も見られます。パソコンの作業は、同じ距離を長時間
見続けることに加え、画面の高速な点滅が、目と脳の疲れをもたらします。
さらに、瞬きが減ることで、眼表面を覆う涙の膜が本来の保護機能を失い、
角膜表面の傷や抵抗力の低下につながります。
このように疲れ目や眼精疲労は、様々な病気・症状を引起すので、
疲れ目・眼精疲労の原因をつきとめ、生活習慣の改善や治療することが
必要です。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。