視力低下を引起す病気

・糖尿病性網膜症
糖尿病になり血糖コントロールが適切にされていない場合、網膜に
変化が起こり、フィルムに相当する網膜が広範囲に損傷される網膜症を起こし、
視力低下などの症状がでることがあります。
網膜症は進行すると、眼底出血などを起こし失明する可能性もあります。
現在、中高年者における失明原因のトップは、この糖尿病網膜症です。

・緑内障
眼内の眼圧が高くなることで視神経が圧迫を受けて損傷し、視野が狭くなる症状です。
併発して視力も徐々に低下し、最悪失明します。

・白内障
年齢が上がるにつれて、誰でもかかる可能性のあるのが白内障です。
白内障はレンズにあたる水晶体に混濁が生じた状態で、ちょうど
レンズに曇りが生じたのと同様の状態です。
水晶体は、たんばく質と水から構成されていて、このたんばく質には、
水溶性と水不溶性のものがあり、水晶体の透明性は水溶性たんばく質に
よって維持されています。40歳代から見られる老眼は、水不溶性たんばく質が
増加、水晶体の弾力性が失われ、調節力が減退した結果です。白内障の人は、
この状態にプラスして高分子の凝集体が形成され、光がうまく通過できない状態だといえます。

・老人性黄斑変性症
高齢になると多くなる症状です。昔は人間の寿命が今よりも短かったせいか、
あまり問題にされていませんでした。ところが平均寿命が延びることによって、
黄斑変性症は中年期の50歳代から増え始め、高齢化と共に急増しています。
老人性黄斑変性症になると、中心部が黒ずんで見えたり、あるいは
ぼやける、ゆがんで見えるとか、ぽっかり穴が空いたように欠落してしまう等、
奇妙な視力障害が発生します。
目の老化ではあるが、なぜ特定の人だけに発生するのか?それは、
栄養障害とも関係している様ですが、現在の眼治療でも、老人性黄斑変性症の
進行をとめることも困難とされています。放置すれば、いずれ失明してしまう病気です。



視力低下の原因は様々なものがあります。自己判断をせずに眼科で検査を受けることをおすすめ致します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。