オルソケラトロジーとは

近視矯正の方法としては、メガネ(眼鏡)やコンタクトレンズを使用
されている方が一般的だと思います。。
また最近では、レーシック(手術)等の近視矯正手術を受ける人も増加しています。

メガネ(眼鏡)やコンタクトレンズの装用は、不便な点が多いです。
手入れの面、目の疲労や痛みも多いです。

メガネ(眼鏡)やコンタクトレンズの装用せずに快適に生活するためには、
近視を根本的に治療する必要が必要です。
ただ、レーシックのように、目にメスやレーザーを入れる近視矯正手術には
抵抗のある方もいるはずです。

そういう方にお勧めな近視矯正法が、オルソケラトロジーという最新の
近視治療法です。
オルソケラトロジーとは、特殊なコンタクトレンズをつけて眠り、
角膜の形を矯正させる画期的な近視治療法です。

近視矯正手術をしなくとも、夜寝ている間にコンタクトをつけるだけで、
安全に視力を回復させることが可能です。

オルソケラトロジーは、医療先進国アメリカで30年以上の実績があり、
既に120万人以上の人がオルソケラトロジーによる近視矯正治療を受けています。
オルソケラトロジーはその結果が非常に素晴らく、信頼あるデータも
充分に蓄積されており、厳格な世界基準であるFDA(アメリカ食品医薬品局)
から安全性が認可されています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。