花粉症とコンタクトレンズ

近視などでコンタクトレンズで視力矯正をされている方は、花粉症のこの時期、
なぜ自分が近視なのか、視力矯正の為コンタクトを装着しなければならないのか、
視力低下の予防をしっかりしていれば・・・と後悔されている方も
多いのではないのでしょうか。
花粉症による目のかゆみが、コンタクトレンズの影響で強くなって、
とても大変な季節、目のかゆみに始まり、涙、目の充血等。コンタクトレンズを
利用している方は花粉症シーズン中に関してはメガネに切り替えた方が無難です。
メガネに切り替えるだけで、かゆみを抑えるのと同時に、真正面からの
花粉の侵入を防ぐことになり、花粉症予防法として効果的です。
自分で花粉症を自覚できていれば、花粉症シーズンの2週間くらい前に病院へ行き、
医師からの適切な花粉症の予防対策の指導を受ける事をお勧めします。
患者の体に合わせた薬が処方されます。薬を適切に利用していけば、
花粉症シーズンを比較的軽い症状で乗り切ることができる様になります。
近視などの視力低下はこの様なところまで、影響が出てくるのですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。