レーシックについて

手足が不自由なのも辛い、耳が聞こえないのも不自由、五体満足とはよく言ったもので、人間の体はすべてが正常に機能しているからこそ快適に暮らせるのである。
視力が悪いのもとても不便である。
メガネやコンタクトレンズで矯正すれば良いだけの話しだが、維持費がかかったり、手間がかかったりするばかりではない。

運動するからメガネは不便、けれど、コンタクトレンズはどうしても体質に合わない、そんな方も多いのではないだろうか?
そんな方に「レーシック」をぜひご紹介したい。
「レーシック」って何?とおっしゃる方も多いかもしれない。
レーシック、一言で言えば「視力を回復させるための手術」である。

日本人にしてみれば、「視力回復のために手術?」と一歩引いてしまいがちだが、アメリカで開発された「レーシック」は、アメリカ人にとってはもはや当たり前の域になっている。
日本では2000年にレーシック手術は認可され、徐々に手術希望者は増えてきている。

レーシックは簡単に言うと、レーザーで角膜を削り、屈折率を変えることでピントを合わせる。
角膜を削ると聞いただけで、怖いと思われ方もいるかもしれないが、
レーシック手術は両眼でわずか30分程度で終わり、入院の必要はない。

もちろん、それまでに事前の詳しい説明があったり、細かい検査があったり、術後の検査がある。
手術前の説明をきちんと受け、自分なりに十分納得が行った上で、レーシック手術を受けることは大事である。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。