イントラレーシック

「イントラレーシック」。
これは、従来のレーシックと何がどう違うのか?
イントラレーシックと従来のレーシックの最も大きな違いは「フラップ」の作成の仕方である。

フラップとは?
簡単に言うと、フラップと言うのは、角膜を切り抜いて作る「蓋」のことである。
その蓋の作り方が、レーシックは手動、イントラレーシックは機械で作られるといった感じなのである。

それに、視力が悪ければ悪いほど、深く削らなければならない角膜だが、レーシックに比べてイントラレーシックの方が深くまで削ることができる。
ゆえに、イントラレーシックの方が、強度の視力回復が可能であるということになる。

他にも、レーシック後に起こる「ドライアイ」の症状が、イントラレーシックの場合は発生度が低く済むのも特長のようである。

とは言え、レーシックもイントラレーシックも、希望する全ての人間が受けることができるわけではない。
もともとの角膜に異常がある、あるいは角膜移植をしている人、重い糖尿病や膠原病、出産前後の人、以前に疾患による眼の手術を受けた人などは、残念ながら受けることはできない。
それに、多くの人の命を預かるパイロットや、パイロットを目指す方の場合、レーシックやイントラレーシックが請けられない場合もある。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。