近視の原因

近視(近眼)の原因は、屈折の異常で、眼球内に入ってきた光が網膜上の正しい
位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまうことが原因です。
遠方視の場合に、屈折機能が無限遠まで対応できないためはっきり
見ることができない。 逆に近方視の場合は支障は少ない。近視は屈折の
問題であり網膜や視神経の疾患ではないので原則的に矯正視力が低下する
ものではありません。
視力低下の原因となる近視の原因は環境性と遺伝性の二つです。

・近視の原因-遺伝性
近視の原因は、遺伝的要因が大きく関わっているのです。ただ、多くの遺伝性疾患のように、どの遺伝子が近視に関係しているとか、
親が近視の場合どの位の確率で子供が近視になるといったはっきりしたことは
判明していません。

・近視の原因-環境性
近くのものを見続けたり、長時間のテレビ、ゲーム、パソコン作業により、
目に負担をかけることで眼精疲労が起き、また、目に悪い生活習慣や
慢性の疲労、全身の衰弱や長期間の心配事などの理由で、目を動かす
筋肉が緊張した状態で固まってしまいます。
そしてこの眼筋の緊張が視力低下(近視)の原因です。

また、肘を突いての読書や、寝転んでテレビを見ることは、見ているものへの
距離が左目と右目に差が生じ、視力に左右差が現われます。ガチャ目になると、
片方の眼ばかり使うことになるので、一層視力低下が進行します。

視力低下が出現したら、まず悪い生活習慣を改善して、眼にやさしい生活を
心掛けてください。
日常生活での心がけが、視力低下の予防につながります。

近視と乱視

なぜ乱視になってしまうのか。
乱視とは屈折異常の一つで、網膜よりも手前に光が焦点を結んでしまう為に物がぼやけて見えてしまう状態の事を指す。
はっきりした原因は分っていませんが、主に考えられる原因は、成長に伴った屈折の状態の変化、遺伝による物、環境による物が挙げられる。
では、それぞれの原因について説明する。

「成長にともなう屈折状態の変化」
生まれてから20歳頃迄常に眼球は成長し続けていて、屈折の角度は誰もが近視の方向に向かっている。
つまり誰もが近視になるという可能性があるが、眼鏡が必要な人と裸眼で良い人に分かれるのはナゼか。
ここでポイントになってくるのは遠視の存在である。
遠視の状態というのは子供の頃なら、誰しもが持っている。
子供の頃に適度な強さの遠視を持っていると、近視が進行する事により帳尻が合ってくる。
しかし遠視の程度が弱い場合は成長にともない近視が進行すると正視を通りこしてしまうので、近視となり眼鏡による矯正が必要になる。

「遺伝の場合」
近視の遺伝率は90%近くと言われ、最近の研究では関連する遺伝子を特定することにも成功している。
しかし水晶体や角膜の屈折力など、近視の直接的な原因と考えられている症状は環境による後天的な影響も関係していると考えられているので、必ずしも遺伝的な要因だけとは限らない。
この分野に関しては今も研究が続けられていて、今後研究の成果によっては近視の後天的要因だけでもあらかじめ排除する事が出来ると期待されている。

メガネやコンタクトは近視を進める?

メガネやコンタクトを装用すると近視が進む?

メガネやコンタクトを装用すると近視が進むというのは、医学的根拠は
ありません。遠視から正視になるまでは自覚症状が無いのに対し正視から
近視になると自覚症状が現れる、自覚症状が現れた時期と成長期の関係と、
自覚症状の関係等から、メガネやコンタクトを装用する時期が同じになる
ためにこのような錯覚を引き起こしやすい状態になるのです。

『メガネやコンタクトを装用すると近視が進む?』の真実
+2Dの遠視から0Dの正視になった時には本人には自覚はないが、0Dから
-2Dの近視になった時に、同じ2Dの変化でも裸眼視力の低下という
自覚症状があり、つまり、同じ速度で近視化していても0Dを越えるまでは
自覚症状がないのに対し、0Dを越えると自覚症状が現れるため、
近視が進んだ!という錯覚を引き起こしやすい状態になる。

近視の原因-嘘とホント?

近視の原因-嘘とホント?

・最近、急に近視になった?

この最近急に近視になった、というのは思い込みの方が多いです。
幼年期には眼球も小さく、多くの人は、軸性遠視の状態です。
幼年期に遠視でなく正視であった場合、成人するころには強度の近視に
なることが予想されます。
それが身体の成長につれて眼球も大きくなって近視化し、理想的には
正視になった時点で成長が止まるのが理想な状態。
幼年期の遠視が弱過ぎるか、または、近視化の度合いが強過ぎると、
正視を通り越して近視になってしまうのです。

しかし、遠視から正視になった時には本人には自覚がないが、正視から
近視になった時には同じ変化でも裸眼視力の低下という自覚症状があり、
つまり、同じ速度で近視化しても、自覚症状が現れることで、急に近視に
なったという錯覚を引き起こしやすい状態になるのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。