イントラレーシック

「イントラレーシック」。
これは、従来のレーシックと何がどう違うのか?
イントラレーシックと従来のレーシックの最も大きな違いは「フラップ」の作成の仕方である。

フラップとは?
簡単に言うと、フラップと言うのは、角膜を切り抜いて作る「蓋」のことである。
その蓋の作り方が、レーシックは手動、イントラレーシックは機械で作られるといった感じなのである。

それに、視力が悪ければ悪いほど、深く削らなければならない角膜だが、レーシックに比べてイントラレーシックの方が深くまで削ることができる。
ゆえに、イントラレーシックの方が、強度の視力回復が可能であるということになる。

他にも、レーシック後に起こる「ドライアイ」の症状が、イントラレーシックの場合は発生度が低く済むのも特長のようである。

とは言え、レーシックもイントラレーシックも、希望する全ての人間が受けることができるわけではない。
もともとの角膜に異常がある、あるいは角膜移植をしている人、重い糖尿病や膠原病、出産前後の人、以前に疾患による眼の手術を受けた人などは、残念ながら受けることはできない。
それに、多くの人の命を預かるパイロットや、パイロットを目指す方の場合、レーシックやイントラレーシックが請けられない場合もある。

レーシックについて

手足が不自由なのも辛い、耳が聞こえないのも不自由、五体満足とはよく言ったもので、人間の体はすべてが正常に機能しているからこそ快適に暮らせるのである。
視力が悪いのもとても不便である。
メガネやコンタクトレンズで矯正すれば良いだけの話しだが、維持費がかかったり、手間がかかったりするばかりではない。

運動するからメガネは不便、けれど、コンタクトレンズはどうしても体質に合わない、そんな方も多いのではないだろうか?
そんな方に「レーシック」をぜひご紹介したい。
「レーシック」って何?とおっしゃる方も多いかもしれない。
レーシック、一言で言えば「視力を回復させるための手術」である。

日本人にしてみれば、「視力回復のために手術?」と一歩引いてしまいがちだが、アメリカで開発された「レーシック」は、アメリカ人にとってはもはや当たり前の域になっている。
日本では2000年にレーシック手術は認可され、徐々に手術希望者は増えてきている。

レーシックは簡単に言うと、レーザーで角膜を削り、屈折率を変えることでピントを合わせる。
角膜を削ると聞いただけで、怖いと思われ方もいるかもしれないが、
レーシック手術は両眼でわずか30分程度で終わり、入院の必要はない。

もちろん、それまでに事前の詳しい説明があったり、細かい検査があったり、術後の検査がある。
手術前の説明をきちんと受け、自分なりに十分納得が行った上で、レーシック手術を受けることは大事である。

レーシック手術

近視回復治療のレーシック(LASIK)手術は、確かにメリットは多いですが、
完璧なものとは言えずデメリットも存在します。

◇レーシック手術を選択する前に、注意しなければならない点◇

・レーシック手術は100%視力が回復するとは限らない
角膜を削りすぎると遠視になってしまう危険性があります。
そのため、少し控えめに角膜を削るので、1.0以上の視力に回復しない場合が
あります。
・フラップが完全に戻っていないと乱視の原因になる
フラップを完全に元の位置に戻せなかった場合、角膜にしわがよってしまい、
視力回復どころか乱視の原因になる危険性もある様です。
・レーシック(LASIK)の術後、数ヵ月後に合併症や後遺症がおこる可能性がある
蛍光灯の下がまぶしく感じるハロ・グレア現象やドライアイになる場合があります。
・レーシック手術適用外の方も多い
子供の頃から弱視の人、20歳未満、高齢の人、妊娠中、授乳中の人、角膜が極端に薄い人、
目の病気がある人など。
その他、眼科医師がレーシック手術ができないと判断した場合もあります。
レーシック視力回復治療を受けたいと思ったら、まずは眼科医師に相談し
手術が可能かどうかを確認してみることが大切です。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。